エイジング

エイジングケアに有効な二大成分とは

投稿日:2018年2月16日 更新日:

エイジングケアが当たり前になった昨今、そろそろエイジングケアを始めようかな…そう考える女性も多いかもしれません。お肌の年齢を気にする女性にとって、どんな成分が有効なのでしょうか。

 

エイジングケアの二大成分は…

ビタミンやミネラルなど、肌に良いとされる成分はたくさんありますが、年齢肌に効果的な代表的ものは、コラーゲンとプラセンタです。雑誌などで見かけない日はないこの成分は、どんなパワーを持っているのでしょうか。

 

内側からハリをアップさせるコラーゲン

コラーゲンは、肌に欠かせない水分を保ち、逃さないようにしてくれる成分です。肌の水分が不足すると、乾燥はもちろんのこと、年齢肌の特徴とも言える「毛穴のたるみ」が起こります。
内側から肌を押し上げるように支えてくれていた水分が、年齢と共に減ることで、毛穴は重力に逆らえず、下へとたるみ、開いてしまうのです。
コラーゲンは食品よりも、スキンケアで取り入れる方が即効性があります。

 

肌を生き生きさせるプラセンタ

プラセンタとは、日本語に訳すと「胎盤」という意味です。化粧品の場合は主に動物プラセンタが使われています。
お腹の赤ちゃんを守り、栄養を与え続ける胎盤は、細胞を活性化させる効果をふんだんに含んでいるんです。
お肌も細胞で出来ているため、プラセンタを与えることで肌がスムーズに生まれ変わり、古い角質が剥がれ落ちやすくなります。年齢肌の原因である代謝の低下を改善してくれるのです。

いかがでしたでしょうか。これからエイジングケアを始める方は、この二大成分をうまく取り入れたスキンケアを行い、年齢肌に効果的なアプローチをしてみてください。

 

-エイジング

Copyright© エイジングについて学ぶ , 2018 AllRights Reserved.