エイジング

エイジングの基礎知識

投稿日:

アンチエイジングとは日本語での抗老化や抗加齢となって「針を少し戻してその進みを遅らせる」という意味の、いつまでも若々しくいたい願いを叶えることです。老化は若いうちから少しずつ進んでいて、その原因は紫外線や乾燥、細菌やストレスなどが蓄積されていったものです。不規則な食事や睡眠不足なども気を付けた方が良いでしょう。

また、免疫力が落ちてくると風邪を引きやすくなったり肌トラブルが起きやすくなったり、便秘や下痢などは消化吸収能力が低下してきた証拠となるので、これは老化が始まっているサインかもしれません。20代はまだ若いと思いがちで、紫外線を気にしなかったり毎晩遊び歩いたりして一番楽しい時期でしょう。でも、25歳を過ぎたあたりからエイジングケアを始めるのが理想的です。

早いうちからエイジングケアを始めた方がいいのには理由があって、老化は進んでいくとどんどん取り返しがつかなくなってシミやシワが消えにくくなってしまいます。目立たないうちから少しずつコツコツと積み重ねていくことで、老化を食い止めることができます。キレイに歳を重ねていきたい、いつまでも愛される自分でいたいなら早いうちからのケアを実践していきましょう。

基本は紫外線予防、乾燥対策と冷え解消、汗を流すことも体内の老廃物を排出してくれるので有効です。また、毎日鏡で自分をチェックして老化が進んでいないかを確認することも大切です。ストレスをなるべく溜めないように笑うこと、好きになること、怒らないことがアンチエイジングな生活のポイントです。

 

毎日の習慣を変えてエイジングケア

年齢を重ねるごとに鏡にうつる自分の顔を見るのが辛くなってきた、と感じ始めたら老化が進んでいる証拠かもしれません。その老化を少しでも遅らせる為に、若返る為には毎日の習慣を変えていく必要があります。

まず食生活に関しては、エイジングケアにとって切り離せないポイントです。食べ物や食べ方を見直してみると、納豆などの大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをしてくれるので、老化の原因となる活性酸素を取り除いてくれます。食べる順番も大切で、急激に血糖値が上がらないようにサラダや汁物から食べて、メインの肉や魚を食べてから炭水化物を摂るように心掛けましょう。

日々の習慣で気を付けることとして、紫外線対策はアンチエイジングにとって基本になります。紫外線はシミやシワの原因になって肌の老化を全体的に促進してしまうので、日焼け止めは毎日欠かさずつけることや日傘やアームカバーを使用するなど、紫外線の怖さを理解しましょう。また、目の周りは一番老けた印象を与えやすいので、アイクリームを塗ってケアをしたりマッサージをしたりと意識してみましょう。

きちんと睡眠時間を確保するのも大切で、お肌のゴールデンタイムと呼ばれる午後10時から午前2時はしっかり寝ているのが理想的です。ゴールデンタイムには成長ホルモンが分泌されて、肌のハリを支えてくれるコラーゲンの生成を助けてくれます。ただ必ずしもこの時間に寝ていなくてはいけないわけではなく、どれだけ熟睡できるかで成長ホルモンの分泌量が変わってきます。

歳を取ってから後悔してしまう前に、若いうちからアンチエイジングを意識した習慣を続けていきましょう。

 

 

-エイジング

Copyright© エイジングについて学ぶ , 2018 AllRights Reserved.