エイジング

早めの対策でより若々しく!

投稿日:2018年2月11日 更新日:

エイジングケアとは、エイジング(加齢)ケア(手入れ)という、年齢に伴う老化に対し若々しく保つための努力のことです。特に女性の肌に対して言われることが多く、アンチエイジング商品が増えましたが、つまりは抗老化・抗加齢を意識し作られているのです。

では、実際に肌の加齢が感じられる年齢として"25歳はお肌の曲がり角"と言われるように、20代後半から30代前半にかけて肌の老化を感じ始めるようです。しかし、エイジングケアを始める年齢は30代半ばだと言われています。つまり、気にしているにも関わらずケアを行わなかった結果、肌トラブルが明らかに増え始めて焦り出し、ケア商品に手を伸ばす…といった流れなのでしょう。せっかく予防することが出来たはずであるのに、何故ケアをしなかったのでしょうか。

理由は大きく2つ。費用がかかる点と、何を利用しどうケアをして良いかが分からない点です。自分に何が合うかも分からない上にあまり症状として出ていない加齢に対し、わざわざお金をかけてまでケアをするのは確かに抵抗があるのも納得がいきます。しかし、ケアというものは症状がはっきりと出てしまってからでは遅いこともあります。風邪のひき始めの時、少し喉が痛いかな?と思えばうがい薬を、体がだるいかな?と思えば薬や栄養剤を利用するのと同じです、事前に手をうつからこそ、風邪と同様、加齢の症状がはっきりと出てしまう前に抑えておくことが出来るのです。

ます、加齢が気になり始めた時点で、自分の中で"何が・どう気になるのか"をしっかり認識することを心掛けてください。気になり始めた点を伝えることが出来れば、プロの方に相談することも容易です。そのため、自己認識は欠かせません。分からないから、を言い訳に引き伸ばしてしまうと、数年後もっと高額な金額をかけてしか治療が出来なくなってしまう可能性があるのです。長く若々しく綺麗で居たいからこそ、早くからケアをすること、そしてそのためには毎日見ている自分自身の少しずつの変化に対して敏感でいることが大切です。

 

エイジングケアはこの3点で決まり!!

若い頃は特にスキンケアに熱心でなくても、大きな問題なく過ごせるもの。
しかし、年齢を重ねるに従い、シミ・シワ・くすみ、小じわやたるみなど、女性は様々な悩みを抱えるようになります。

アンチエイジングという言葉もよく聞きますが、どんなに頑張っても歳を重ねること自体を止めることはできません。
しかし、同じ年齢や世代でも、グッと若く見えるタイプと、逆にすごく老けて見えるタイプにクッキリ分かれる点は、30代~50代のオトナ女性の面白いところと言えます。

その差は一体何から生まれるのでしょうか?

ズバリ、「丁寧なスキンケア」と「食生活」「運動を含めた生活習慣」の3点に尽きます。

 

スキンケアはコツコツと

オトナ世代にもなれば、肌タイプも既に自覚しており、自分に合ったスキンケアやコスメを選んでいますよね。
ピンポイントで「シミ」「シワ」に効果があるとされる美容液やクリームを一定期間使い続けることは、悩みの進行を抑えたり、改善効果が期待できたりと、良いことづくめです。

大切なのは毎日きちんと続けること。効果があらわれると自信が持て、表情にハリがうまれて、内面から美しく輝くことができるでしょう。

 

“You are what you eat”

「あなたは、食べるものから作られる」といった意味の英語のことわざ。的を射ていますよね。
多忙な現代女性は食生活が乱れがち。外食やコンビニご飯が続くことも仕方ない時ってありますよね。ただ、こうした生活を続けていると間違いなく老化が進み、荒れやすい肌になってしまいます。

せめて休日だけは手作りの、栄養バランスのとれた食事をしたいものです。できれば毎日の朝ごはんやランチのお弁当など、一品でもヘルシーなものを摂取するよう心がけましょう。ビタミンCやE、タンパク質など、栄養の基礎知識を持つと食事がもっと楽しくなりますよ!!

 

ウォーキングは長生きにもつながる

軽いウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は血流を促し、精神をリラックスさせ、細胞の若返りを助けます。1日30分、週2~3回でもよいのです。頑張って走ったり、無理にジムに通う必要もありません。

歩きやすい靴で近所を散歩するだけ、少し遠くのスーパーに買い物に行くだけ、1駅前で降りて歩くだけ、それ「だけ」を積み重ねればOK。タダで健康と美が叶うなんて…と思うかもしれませんが、これだけは真実なんですよ!!

エイジングケアと聞いて「お金がかかりそう」とか「特別なことが必要」とイメージする方もいるかもしれませんが、実はすべて毎日の生活の中でできることばかり。ぜひ実践して、美肌をキープし続けてくださいね!!

 

-エイジング

Copyright© エイジングについて学ぶ , 2018 AllRights Reserved.